【雑記】ネタバレの罪深さ

【雑記】ネタバレの罪深さ

こんにちは。お肉パイセンです。

急ではございますが、皆さん苦手・嫌いなものはございますか?

私は

パクチー

梅雨

と同レベルで嫌いなものがあります。それは、「ネタバレ」です。

ネタバレとは

ネタバレとは、作品(小説、劇、映画、漫画、ゲームなど)の内容のうちの、物語上の仕掛けや結末といった重要な部分を暴露してしまうこと。またはその情報のこと。物語性のある内容以外にも、生中継ではないスポーツの勝敗などが意図せず露見してしまうことに対して用いられることがある。

https://ja.wikipedia.org/?curid=83593

あぁ、文字を見ているだけでソワソワしてしまう…。

そのくらいに、本っっっっっっ当にネタバレが大嫌いなのです。

ネタバレの温度感については、人それぞれかと思いますが

私は重度のネタバレ嫌い。

ちょっとでも該当する作品(新作でまだ観ていないもの等)の話題が出た瞬間に回避(テレビを消したり、その場から逃げたり)するレベルです。

ネタバレOK派閥の意見

何を隠そう、私の弟がネタバレOK派閥に属してまして…。

ネタバレOK派にも色々種類がいるのですが、一番厄介な点が…

悪気が無い」という点です…。

例 喜ぶと思って…編

「作品A(シリーズもの)なんだけど、俳優の〇〇さんが続投するらしいよ。」

「え、それネタバレじゃん…。〇〇のキャラがまた出るってことじゃないか…。」

「兄さん〇〇さん好きだから喜ぶと思って…。」

例 ネタバレじゃないからいいでしょ論

「(既に作品を見た弟)作品Bのラスト、全員死んじゃうよ!www」

「マジでネタバレやめて。怒るよ。」

「いやいや、冗談じゃん。全員死ぬわけないじゃん。」

「冗談ということは、”皆死にはしない”というネタバレでしょ。どちらにしろ、もう疑念を持ったまま作品を見ることになるじゃないか…。」

など、いかがでしょうか?
ネタバレNG派からしたら、文書を見ているだけでイライラしそうなこの感じ。

何度も言いますが、性質が悪いのは「悪気が無い」ところ。

※稀にTwitter等で「悪気のある」ネタバレをしまくっている愉快犯もいますね…。万死に値します。

ネタバレ駄目。絶対。

「ネタバレぐらいいいじゃないか~。小さいな~。」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、可能な限りご容赦いただきたいのデス。

と、今回テンションでこの記事を書いてしましましたが、なぜかと申しますと

本日観に行った「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレを

会場内の

物販エリアで

くらったのです。

あのカップルまじで〇〇〇。

映画は楽しかったのです。楽しかったのですよ…。はぁ…。

最後に、素敵な記事のご紹介

こちら、ネタバレNG派・OK派どちらの派閥の方にもオススメなオモコロの記事です。是非ご覧ください。